チャート

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

チャートはいろいろなタイプがありますが、日本人に一番馴染みが深いのはローソク足という表示法です。細長い四角の箱が黒や白に塗り分けられていて、そいの箱の上や下に線が引いてあるグラフです。

チャートは、過去の値動きを時系列で表示するものですが、その形がどうなっているのかによって、将来の価格推移を予測していきます。これを頭に入れて為替レートの推移を見ていくと、ただ漠然と相場が上がった、下がったを追いかけるよりもはるかに有益です。

ローソク足の見方

  陽線      陰線

  高値      高値
終値 | ←ヒゲ→ | 始値
↑  □ ←実体→ ■ ↓
始値 | ←ヒゲ→ | 終値
  安値      安値

チャートを覚えたからといって必ず相場の行方が当たるとは限りません。マーケットの将来予測を行うための材料はいろいろあります。同じテクニカル分析のなかにも、チャートを筆頭にして、MACDやRSIなど、実に数多くのバリエーションがあります。

それらを組み合わせて使うことによって、将来予測の確度が上がります。テクニカル分析は過去の値動きを統計的に分析したものですが、実際の相場は統計的傾向に反する動きをすることもあります。

[ローソク足] ブログ村キーワード

カテゴリー: FXの儲け方 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fx初心者の上へ

ランキング

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村
FX

ブログランキングならblogram
  • SEOブログパーツ