通貨の分散

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

複数の通貨に分散して取引を行った方が為替変動リスクを軽減できるというと一概には言えません。

例えば、高金利通貨に投資してスワップ金利の確保を重視するのであれば、同類で多少金利の低い通貨にまで分散投資をする必要はありません。ある程度信用力のある国の通貨ならば、単独通貨で運用してもそれほどリスクは高くならないでしょう。

情報が入りにくく、特性を理解できない通貨にまで分散投資することはリスクを高めることになります。理解できない通貨も含めて分散投資をするよりも、本当に熟知している通貨に集中した方が、投資リスクは軽減されるでしょう。

例えば、米ドルなら米国の経済動向や景気指標などの情報が簡単に手に入ります。米ドルなら過去の為替レートの値動きも、なんとなく覚えたいたりするので、その通貨のもつ値動きのクセを把握しやすいです。

よく知っている通貨であれば、為替レートが動いたとき、そろそろ円高から円安に変わるかな、もうすぐ大きく動き出す、などの予想を立てて相場を見ることができます。

カテゴリー: FXの儲け方 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fx初心者の上へ

ランキング

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村
FX

ブログランキングならblogram
  • SEOブログパーツ