外貨投資

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

個人が出来る外貨投資はいろいろあります。

銀行でできる外貨商品

外貨預金:通貨が円以外の外貨で預け入れる預金。商品性は円建ての預金とほとんど同じ。日本の預金金利より高金利が設定されているが、為替手数料が高く、解約がすぐに出来ない。

外国債券:海外の国や企業が外貨建てで発行する債券。残存期間が長い場合は、高金利でも為替リスクに注意が必要。

証券会社の外貨商品

外貨建てMMF:外国投資信託の一種で、格付けの高い債券を組み入れたファンドに投資する。外貨預金より金利と手数料が有利だが、為替レートが1日1回しか変わらない。

外国債券:海外の国や企業が外貨建てで発行する債券。残存期間が長い場合は、高金利でも為替リスクに注意が必要。

外国投資:外国籍の投資信託。商品性は国内籍の投信とほとんど同じ。日本国内にないファンドが購入できるが、手数料が高く、情報が少ない。

外国株式:外国の株式市場に上場されている株に投資する。商品内容は国内株とほとんど同じ。銘柄選びが難しく、手数料が高い。

証券会社、独立系会社、先物取引系会社の外貨商品

FX:一定の保証金を納めて、外貨の取引を行う。例えば、10万円の保証金に対して、1万米ドル相当の外貨を売買できる。流動性が高く、金利が高い。手数料が安いが、レバレッジを利かせると、損失が大きくなる場合がある。

[外貨投資] ブログ村キーワード

カテゴリー: 基礎知識 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fx初心者の上へ

ランキング

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村
FX

ブログランキングならblogram
  • SEOブログパーツ