取引会社の破綻

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

2005年7月1日からFXに関する規制が強化され、顧客の資産を守るための分離保管に規制ができました。これはFX会社が事業用の資産と投資家の資産を別にして銀行等で保管することです。

もし、FX会社が倒産した場合、債権者は会社の資産を差し押さえますが、投資家の資産が分離保管されていないと、一緒に差し押さえられてしまいます。しかし、信託銀行などに預けておけば、万が一のときもFX会社の資産からは分離されて保護されます。

顧客の資産を保全するには、FX会社が信託銀行に預託する方法があります。信託口座を顧客用に別途開設して完全に分離保管を図ることで信託法で顧客の資産は保護されます。

海外の金融機関へ信託する場合は信託法など制度に違いもあるので日本の信託銀行と同じではありません。海外の金融機関には健全性や財務体質など優秀なところがたくさんあるので、格付けなどが高評価の金融機関に預託しているFX会社を選ぶをいいでしょう。

カテゴリー: FX | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fx初心者の上へ

ランキング

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村
FX

ブログランキングならblogram
  • SEOブログパーツ