レバレッジとは

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

レバレッジはFXの一番の特徴です。レバレッジは日本語でてこの原理を意味します。最小限の力で最大限の効果を得ること、つまり、小額の保証金で多額の取引ができる投資法です。

外貨預金で1米ドル=110円で10万円分預けたとすると、909ドル買ったことになります。為替が1米ドル=115円になると円の元本は10万4545円になります。

FXの場合、10万円の保証金を入れて1万ドルを買った場合、レバレッジが11倍だと110万円が115万円になるので5万円の利益が出ます。この10万円で5万円が得られる実際の市場の変動率に対してリターンが大きくなることをレバレッジ効果といいます。

レバレッジは大きな利益が得られますが、大きな損失を被ることもあります。円を売って米ドルを買ったところ、予想に反して円高・ドル安が進行してしまい逆のレバレッジ効果でより大きな損失になった、なんてことがあります。

2011年夏から、日本の国内のFXのレバレッジは25倍までと規制が導入されています。海外のFX業者は対象外なので、高レバレッジがしたいのであれば、そちらを利用するといいでしょう。ただ初心者は損をしたときのリスクを考えると2~3倍くらいのレバレッジから始めることをオススメします。

[レバレッジ] ブログ村キーワード

カテゴリー: FX | Tags: コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fx初心者の上へ

ランキング

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村
FX

ブログランキングならblogram
  • SEOブログパーツ