外国為替市場

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

外国為替取引に参加するのは、銀行、機関投資家、ヘッジファンドなどの投機筋、商社や自動車メーカー、石油会社などの輸出入業者、個人などです。このうち、銀行などの金融機関はインターバンク市場というところで取引をしています。ここで形成される為替レートが為替の卸値になります。

輸出入業者や個人は銀行との間で外国為替取引を行います。これを対顧客市場といいます。ここではインターバンク市場で形成された為替レートに一定の手数料が加算されて適用されます。これを対顧客為替相場といいます。

通常、外貨預金や外国債券などの外貨建て金融商品は、対顧客為替相場で取引されており、この為替レートは原則1日1回だけ決められ、終日適用されます。

FXは個人でもインターバンク市場並みの条件で取引できる外貨建て金融商品です。FX取引は常に変動している為替レートの動きを捉えてさまざまな通貨を売買する取引です。メリットは外貨預金に比べてはるかに手数料が安いことです。

SBIFXトレード

カテゴリー: 基礎知識 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fx初心者の上へ