最低取引額

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

FX取引のメリットの1つが小額資金から始められることです。取引会社によって異なりますが、たとえば、1万米ドル分の外資を取引するのに必要な手元資金(保証金)は10万円程度です。

手軽に始められますが、リスクまで軽減されるわけではなく、小額資金で大きな取引が出来る分、FX取引は他の外貨建て金融商品に比べて高いリスクを背負うことになります。基本的に個人の場合、2~3倍のレバレッジで運用するのが最も無難でしょう。

最低保証金として預ける額はFX会社によって異なるので、事前にチェックしておきましょう。最も多いのは10万円を最低保証金としているところです。

最低保証金の金額が小さくなるほど手軽に投資できますが、自分が負えるリスクを把握して、レバレッジを必要以上に高めて投資しないことが大切です。

[レバレッジ] ブログ村キーワード

SBIFXトレード

カテゴリー: FX | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fx初心者の上へ