ナンピン

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

ナンピンとは、たとえば買いから入って値下がりしたときには、最初に買い付けた金額と同額分をさらに買い増すことで、平均の買い付け単価を引き下げることです。逆に売りから入った後に上昇した場合は、売りたてた金額と同額をさらに売り増すことによって、平均の売り付け単位を引き上げます。

ナンピンの狙いは、現時点で被っている損失のリカバリーを少しでも早めることにあります。例えば、1ドル=115円でドルを買ったあと、相場が円高に振れて1ドル=110円になったとします。このままでは5円分だけ円安・ドル高が進まなければ、損失を回復することができません。ここでナンピン買い、つまり1ドル=110円のところで、最初のドル買いと同額分のドルを買い増しておけば、平均買い付け単価は1ドル=112円50銭になります。よって今のレートから2円50銭分だけ円安が進めば、その時点で損失を解消できることになります。

しかし、ナンピンには落とし穴があります。1ドル=110円で円高が止まり、そこから円安へ向かえば、損失の回復も早くなります。が、相場は気まぐれなので、行き過ぎる場合もあります。もしギリギリまでナンピンで買い向かい、思惑と逆に動いた場合、破綻に向かってしまいます。

自分の思惑と逆の方向に相場が動き、損失が生じた場合、とるべき方法は損を切ることと取引額を縮小することです。ナンピンは、自分が損しているにも関わらず、ポジションを縮小させるどころか、積極的に拡大させていく方法です。これはリスクのコントロールが難しいので、あまりオススメはしません。

[損益計算書] ブログ村キーワード

SBIFXトレード

カテゴリー: FXの儲け方 | Tags: コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fx初心者の上へ