為替レートを動かす要因

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

為替レートを動かす主な要因は4つあります。

景気動向:市場参加者が日本の景気がよくなると考えれば円高に、アメリカの景気がよくなると考えればドル高になるのが一般的。日本株が上昇すれば、日本株を買うために円が必要となって円高になる可能性がある。

アメリカの経常赤字:アメリカの貿易による赤字のこと。アメリカが外国に物を売るより買う金額の方が多い状態。ドルを受け取った国はドルを売って自国通貨を買うのでドル安になる。

地政学的リスク:以前は「有事のドル買い」という、戦争などの有事の際に米ドルが買われていたが、現在はテロなどアメリカ自身に関わる有事が多いので「有事のドル売り」が起こっている。

原油価格:原油価格の高騰はアメリカ経済に対して悪影響を与えると判断され、原油価格が高騰するとドル安が進むことが多い。

[為替] ブログ村キーワード

カテゴリー: FX | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fx初心者の上へ

ランキング

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村
FX

ブログランキングならblogram
  • SEOブログパーツ